「 2015.08 モンゴル 」一覧

友達が出来る!モンゴルの鉄道

友達が出来る!モンゴルの鉄道

ウランバートルからエルデネトへ向かう電車で、エルデネト絨毯のバイヤーさんと友達になりました。 モンゴルの鉄道は寝台列車で4人部屋の個室が一般的なので、一緒になった人と仲良くなりやすいのです。(仲良くなりやすい分、女子の一人旅は...

アサシンクリードと遭遇

アサシンクリードと遭遇

北朝鮮レストランへ行った後(何回言っても料理は美味しいし、歌と踊りも最高だ)ノミンデパートの横の通りを歩いていると、反対側の歩道から悲鳴とともに、風のように走ってゆく二人の影が見えた。 ひったくりだ。 悲鳴をあげ...

純血モンゴル人という空想

純血モンゴル人という空想

(昨日の続き) 朝になると、酔っぱらいのおじさんと痩せたモンゴル人が楽しそうに談笑していた。 昨夜の喧嘩などどこ吹く風である。モンゴル人は喧嘩をしても、すぐにケロリと水に流すようだ。 逆に「拳で語り合った仲間だ」ということで仲...

中国の二連へ

中国の二連へ

昨夜からシベリア鉄道に乗って中国へ向かっています。 九時にモンゴル側の国境の町ザミーンウドに到着。 パスポートの検査や荷物検査のために二時間ぐらい停車して、中国へ。 中国に入った国境の検問所で、中国人観光客の大群が。 普...

NO IMAGE

観光と環境に関する国際会議を傍聴

環境と観光に関する日本モンゴルの国際会議を傍聴させてもらう機会を得た。 モンゴルの石油に関することとか、モンゴルの都市観光についてのアイデア等面白い話を聴くことができた。 ただやはり先生方が考えると、着眼点は面白いがどうしても難...

回想のホブド

回想のホブド

ホブドはいいところだった。 でもホブドの佳さを人に語ってもさっぱり通じている気配がない。 会話らしい会話をほとんどしていなかったのに、別れた後に涙が止まらないなんて意味がわからないし、僕も何故かわからない。 お別れ宴会の時...

遊牧民には勝てっこない

遊牧民には勝てっこない

遊牧民には勝てない。 草原のむこうからドドドという馬の足音を轟かせ、馬に乗って颯爽と駆けて行くデール姿のモンゴル人のなんてかっこいいことよ。 さながらこれは、自然と人と馬が織りなす芸術である。 僕がデールを羽織り、...

ツォクトさんの家へ

ツォクトさんの家へ

今まで各地でタイムプラス動画を撮影してきたけど、これは!という映像が撮れていない。 そこで近場で景色のよいところということで、ツォクトさんのところへ。 夕焼けと家畜の動きが綺麗に撮れる想定で行ったのに、雨。 う〜ん、ついていない(...

web作業と北朝鮮レストラン

web作業と北朝鮮レストラン

今日は夜まで家でゆっくり作業。 友達のブログ制作や、溜まっていたタイムプラス動画の制作など。 夜は北朝鮮レストランへまた行くことに。 20時から踊りが始まると聞いていたが、予約の団体客が21時30分になってもこないので、北朝鮮...

NO IMAGE

ウランバートルのバスは危ないけどモンゴル人の優しさを目にすることもできる

ウランバートル市内を走っているバスは、スリがいたり、外国人嫌いの人から危害を加えられたりする恐れのある乗り物で観光客は基本的に乗らないほうがいいとされている。 確かにバスは危ないけれども、モンゴル人のふとした優しさを垣間見ることが出来...

スポンサーリンク
広告
広告