公開日:

予備自衛官訓練に行ってきた。

今日まで5日間、ぼくは予備自衛官訓練に参加していた。
二つばかり思ったことがあるので、書こうと思う。

予備自衛官とは?
戦争や災害が起こった時に召集される予備役。主に警備や後方支援を行う。一年に合計5日間の訓練日数をこなす必要がある。
※東日本大震災時には、予備自衛官よりつおい、即応予備自衛官が召集された。
予備自衛官になると手当が少しもらえる。
全て参加することで得られる手当を合計すると、年間で8万円ぐらいになる。5日間の訓練だけでいいので、よい小遣い稼ぎだ。(別名リゾートバイト)
主に退職した自衛官で構成される予備自衛官の年齢層は幅広く、20代から50歳や60歳ぐらいのおっさんまでも参加している。だから必然的に訓練内容はその民間人のおっさんに合わせられるからかなりショボい。

僕は現役自衛官時代、予備自衛官(以外予備自)のことを内々「くそよびじ」と呼んでいた。
丸々と太った髪の毛ボサボサのおっさん達が迷彩服を着ている姿は、まことに見るに耐えない。

例えるならば、秋葉原の丸々と太ったオタクが、ぱっつんぱっつんの水着を着てその辺を闊歩しているぐらいに、見るに耐えない姿だからだ。
そんなおっさんと同じ予備自になっているなんて、現役時代は夢にも思わなかったが、銃を撃つことができるのと、年間八万円というのに惹かれて、訓練に参加している。

モンスター予備自衛官
予備自は仮にも民間人なので、かなり丁寧に扱われる。それを良いことに指導や世話をしてくれる担当部隊の自衛官に対して、文句を言いまくるおっさんがいる。
現役自衛官であればぶっとばされるようなクレームを、どんどん投げかけるおっさんたち。
だいたいそういう文句だけが達者なおっさんは、いざ訓練になると機転はきかないし、自分で考えて行動することができないような人ばかりだ。本当に仕事はちゃんとできてるのだろうか?と心配になる。
このモンスター予備自の言葉を吟味すると要するに

「俺の話をきけ」

「俺を尊敬しろ」
というメッセージに尽きる。

たぶん、日本の高度成長期から今の凋落を経験しているこのおっさん達は、自分自身の社会から必要とされていない感と日本の凋落ぶりに我慢ならないのだろう。
だから、どこでもこういうおっさん達はモンスター化して、なんとか肥大したうっぷんを晴らすべく、周囲に迷惑をかけるだけの存在になりつつある。
おそらく今後、ますますこういうおっさん達は増えると思う。
怒りで話が逸れてしまった。
良いこともあった。
実戦の話が聞けたことだ。
実戦と言っても本当の闘いではなく、救急救命法の話。

救急救命法
予備自訓練では、救急救命法の訓練をする。
救急救命法とは、AEDの扱い方や、心臓マッサージ、人工呼吸のこと。
人間は心臓が止まって6分も経つと、その後生き返っても脳に損傷なく復帰できる確率が半分ぐらいになってしまう。事故が起きてから救急隊員が現場に到着するまでの平均時間は7分なので、もうその時点で生存率は半分になっている。
だから救急隊員が駆けつけるまでの間に現場の人が心臓マッサージと人工呼吸を行うことで、大きく生存確率が上がるということで、自衛隊では大事な訓練になっている。
さて、その救急現場を体験している衛生部隊の自衛官が今回の教官だった。
アメリカ軍のイラク戦争での戦病関係の論文を解析した資料や、内蔵が飛び出た写真や、呼吸をしているように見えてしていない状態の解説や、心臓の電気信号の仕組みからAEDの効果的な使い方まで、幅広い実戦の話が聞けた。
実戦は必要
正直、心臓の働きなんて知らなくてもAEDを使うことはできる。(音声ガイダンスに従えば誰でも使えるようになっている)
でも、実戦の話を聞くのと聞かないのとでは、その訓練への没入感が違う。
技術の向上には関係ないことであっても、現場のリアルな話を聞くことで今やってる訓練の必要性が理解できるし、なにかやっぱりその人が醸し出す雰囲気が、頭を刺激する。

戦場を経験した米兵

現役自衛官時代に、アメリカにある米軍基地に一週間訓練で行ったとき、戦場帰りの米兵がたくさんいた。
そういう人は何か目つきが違っていて、今でもあのジョージクルーニーをもっと怖くしたような目をした米兵の顔が脳裏に焼き付いている。
ああいうのを「人を殺した目」と言うんだろうか。散髪屋で向かい合って眼があっただけだったけど、かなり怖かった。

北方三国志でも、訓練だけの兵隊と実戦を経験した兵隊では全然違うとよく言っている。
戦場に限らず、実戦を経験することの大切さを改めて感じた。

モンスター予備自の登場により、予備自はやっぱり「くそよびじ」であることは残念ながら間違いないことだろう。
僕は、今後も予備自の世話をすることになる現役自衛官への悪影響が心配だ。
「こんなクソみたいなおっさんどもを守るために俺らは頑張っているのか?!」
とでもならないだろうか・・・
かなり心配である。
どうか予備自衛官の方々は(特におっさんども)民間人として、謙虚に訓練を励んでもらいたいと思う。
おわり。

ツォクトモンゴル乗馬ツアー

モンゴルで乗馬するならツォクトモンゴル乗馬ツアー

広告


2012/12/10 | 自衛隊

関連記事

ツォクトモンゴル乗馬ツアー

モンゴルで乗馬するならツォクトモンゴル乗馬ツアー

広告


新着記事

原宿の店舗にカザフ刺繍のカバンを置いてもらえないか営業に行ってみた!

[gallery columns="5" link="file" id...

記事を読む

人生のゴールが公務員という鳥取県

鳥取は公務員率が異様に高いらしい。 僕もいろいろなところで人に会...

記事を読む

羽田空港の始発便にのるために蒲田のネットカフェで宿泊。すげー楽しかった!

鳥取へ飛行機を予約したのだが、直前で失敗が発覚! 06:40発の...

記事を読む

MAVIC PROでモンゴルを初飛行。操作簡単!

11月に注文したmavicがモンゴル出発の前日に到着。初飛行はモン...

記事を読む

自然に生かされているモンゴル

バヤンウルギーへの機内からモンゴルの大地を眺めていると、「この...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PREV :
NEXT :

ツォクトモンゴル乗馬ツアー

モンゴルで乗馬するならツォクトモンゴル乗馬ツアー

広告


原宿の店舗にカザフ刺繍のカバンを置いてもらえないか営業に行ってみた!

モンゴルハンドメイドクラフトでは、友人のお母さんが作ったカザフ刺繍のか

人生のゴールが公務員という鳥取県

鳥取は公務員率が異様に高いらしい。 僕もいろいろなところで人に会うけど

羽田空港の始発便にのるために蒲田のネットカフェで宿泊。すげー楽しかった!

鳥取へ飛行機を予約したのだが、直前で失敗が発覚! 06:40発の飛行機

MAVIC PROでモンゴルを初飛行。操作簡単!

11月に注文したmavicがモンゴル出発の前日に到着。初飛行はモンゴル

自然に生かされているモンゴル

バヤンウルギーへの機内からモンゴルの大地を眺めていると、「この国って誰

  • Gallery

    2年前に宿泊したゲル お守り 道路工事中 テレルジの星空 テレルジの星空 テレルジの星空 (約5分露光) テレルジも秋 宿泊部屋1 宿泊部屋1 政府庁舎 馬 テレルジ景色 林 馬 ゲル

PAGE TOP ↑