「 言葉の意味 」一覧

「神髄」という言葉の意味と親近感

「神髄」という言葉の意味と親近感

司馬遼太郎著、世に棲む日々の中で吉田松蔭が「○○こそが神髄である」といったことを述べていた時、「神髄」ってよく考えたらすごい言葉だなあと感じた。 「神髄」という言葉の意味は、「そのものの本質。その道の奥義。」という意味。 たぶん...

NO IMAGE

「好」という北京語の魔力

好 (ハオ」という言葉にまつわる完全に独断と偏見に基づいた僕のイメージを語ろうと思う。 もしかしたら言葉の意味的に間違っているかもしれないし、とんちんかんぷんなことを言ってるかもしれない。 けれども独断と偏見で私見を述べてみる。 ...

NO IMAGE

この半年、僕の心をあらわす漢字。

この半年、僕の心をあらわす漢字。 それは、「諦」という文字が一番ふさわしい。 諦念、諦め、etc… 後ろ向きな文字だと思う。 「諦」 この文字は、臣下が帝(みかど)に向けて言葉を発するも、聞き入れられない状況を漢字にしたのではないだろうか...

NO IMAGE

亡命ってどういう意味?

日本語と英語で対比することで見える考え方の違いについて 「亡命」という日本語は、「命を亡くす」と書く。 命を亡くす。 恐ろしい言葉だ。 命を亡くすから亡命するのか、 亡命は命が亡くなるほど危険なことなのか。 日本語には、多分両方の意味合いが...

スポンサーリンク
広告
広告