公開日:

「モンゴルも昔は中国だったよ」と笑顔で言う中国人の中華思想

今日、リアルウォンテッドリーのイベント
https://www.wantedly.com/campaign/real_wantedly_6
に行ってきた。

その会場で、ある会社で営業企画をしている若い中国人女性とモンゴルについて話していると、
「モンゴルは昔は中国だったよ(^^)」と笑顔で言うのである。

「元だったかな(^^)」
天真爛漫な笑顔で、モンゴルは中国だったから私達の仲間よ(^^)という意味でいいたかったのだと思う。

僕はとっさに「元はモンゴルだ。中国ではない」と注意しようかと思ったが、悪気はなさそうでもあり、もしやこれが中国人の自然な考え方であり中華思想の根本ではないのかと、思いを巡らせてみた。

中華思想とは、玉座にいる中華皇帝のいるところが文化的なレベルが一番高いところになり、そこから離れれば離れるほど文化レベルが落ちていき、果ては禽獣のような人が住んでいるとする考え方である。
その中華皇帝の座を巡って中華の国々が(周辺の蛮族も含む)中原に鹿を追い、新たな中華皇帝となる。皇帝になる人がモンゴル人であっても満州人であっても皆、中華の皇帝とみなされて、いわゆる「中国の一員」になることが、中華思想だ。

かつて秀吉が朝鮮に出兵した際、時の中華帝国である明と戦ったが、もしかしたら中華の端に位置する日本人として、秀吉も中原に鹿を追いたかったのかもしれない。
強大な武力を持てば中華皇帝を目指すという中華思想からすれば当然の行いを履行しようとしたまでではないだろうか。

そこから考えると中国人が「モンゴルも昔は中国だったよ(^^)」と言ったのもわからなくはない。
中華圏の人々にとって、中華に住む以上中華皇帝を目指すのは当たり前のことであり、中華皇帝になれば晴れて中国で一番優れた文明の国家になり、それが「中国」になるのだろう。

しかしこれを認めるのは今の中国人だけだろう。中国以外の人は皆、認めるはずがない。

中国人にとっては当たり前だと思っているが、周辺国の人にとっては当たり前ではないこの考え方が主流(?)になっていることこそが、中華思想を中華思想たらしめている原因でもあるのではないだろうか。

それにしても、あの中国人の女の子かわいかったな〜

ツォクトモンゴル乗馬ツアー

モンゴルで乗馬するならツォクトモンゴル乗馬ツアー

広告


関連記事

若いうちに旅をしよう!

若いうちしか冒険はできない 紙のクーリエ最終号を惜しみながら読んでい...

記事を読む

鳥取のウキウキ米

鳥取の鹿野の八百屋bar物語の成瀬ちゃんから鳥取のお米が届いた...

記事を読む

悲劇の主人公理論

日本に帰ってきて道行く人を見ていると、駅のホームですれ違う人の表情がこ...

記事を読む

男が「年齢より若いね」って言われるのは「苦労していないバカ」と同義か

僕は男が「年齢より若いね」って言われるのは「苦労のしていないバカ」って...

記事を読む

ツォクトモンゴル乗馬ツアー

モンゴルで乗馬するならツォクトモンゴル乗馬ツアー

広告


新着記事

原宿の店舗にカザフ刺繍のカバンを置いてもらえないか営業に行ってみた!

[gallery columns="5" link="file" id...

記事を読む

人生のゴールが公務員という鳥取県

鳥取は公務員率が異様に高いらしい。 僕もいろいろなところで人に会...

記事を読む

羽田空港の始発便にのるために蒲田のネットカフェで宿泊。すげー楽しかった!

鳥取へ飛行機を予約したのだが、直前で失敗が発覚! 06:40発の...

記事を読む

MAVIC PROでモンゴルを初飛行。操作簡単!

11月に注文したmavicがモンゴル出発の前日に到着。初飛行はモン...

記事を読む

自然に生かされているモンゴル

バヤンウルギーへの機内からモンゴルの大地を眺めていると、「この...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ツォクトモンゴル乗馬ツアー

モンゴルで乗馬するならツォクトモンゴル乗馬ツアー

広告


原宿の店舗にカザフ刺繍のカバンを置いてもらえないか営業に行ってみた!

モンゴルハンドメイドクラフトでは、友人のお母さんが作ったカザフ刺繍のか

人生のゴールが公務員という鳥取県

鳥取は公務員率が異様に高いらしい。 僕もいろいろなところで人に会うけど

羽田空港の始発便にのるために蒲田のネットカフェで宿泊。すげー楽しかった!

鳥取へ飛行機を予約したのだが、直前で失敗が発覚! 06:40発の飛行機

MAVIC PROでモンゴルを初飛行。操作簡単!

11月に注文したmavicがモンゴル出発の前日に到着。初飛行はモンゴル

自然に生かされているモンゴル

バヤンウルギーへの機内からモンゴルの大地を眺めていると、「この国って誰

  • Gallery

    政府庁舎 ブルースカイタワー 亀石 お寺 お守り テレルジの星空 (約5分露光) テレルジの山 ぶらんこ 宿泊部屋1 スコラふくろうの小路 ピザ釜内 生地を伸ばすところから モンゴルではペンキの塗り替えが頻繁 弓の射方 林

PAGE TOP ↑