人生のゴールが公務員という鳥取県

鳥取は公務員率が異様に高いらしい。

僕もいろいろなところで人に会うけど、だいたい三分の一が公務員か補助金で回っている会社の人だったりする。

なぜ公務員が多いかというと、民間企業は仕事も少なくて給料も安い。公務員なら月に20万円ぐらいもらっているところを、民間企業ならは13万円とかだ。

「公務員がゴール」

というのもわかる。公務員になれば安泰で給料も鳥取の中では高い。だから公務員は問題や変化を嫌う。

ただこの問題や変化を嫌うのはどこの公務員でも同じだろう。
みんな順調に出世して安泰な老後を迎えたいから公務員になるのではないか。

でも僕は大阪や東京の公務員に不満をもったことはない。みんなすごく頑張っているし、何か変なことや怠惰なことをすると、Twitterや苦情電話ですぐ叩かれてしまう。

だから大阪市十三区役所の窓口は会社が委託されて業務をしていたし、まあまあ親切に教えてくれる。

だが、鳥取の公務員のサービスはひどいものらしい。

市営住宅で風呂の壁にヒビが入っていて、しみ込んだ水が玄関の壁の板を腐らせて水浸しに。市に頼んで業者が治しにきたが、なんと玄関の腐った板を取り替えただけで工事完了。
風呂のヒビから水がしみ込んで、また板が腐るだけやん!なぜ風呂のヒビを治さないのか?このその場しのぎのやり方に中国企業みたいな雰囲気を感じる。この板が腐ればまた仕事になるとでも思っているのだろうか。
市も原因の確認をせずに板を変えた業者の言うことをそのままokとした。

しかもこの業者が修理に家に来た時も変だったらしい。

普通、家に用事があれば玄関のドアを叩くだろう。しかしその業者はドアを叩いた形跡もないまま、裏庭に勝手に入ってきて、カーテンの隙間から家の中を覗いているではないか!もし家の人が下着姿とかだったらどうしたのか?普通に怖い。

それでもこのことを市に苦情は言えないという。この修理の人も地元の人だし、市の人もだいたい知り合いだったりお客さんだったりする。苦情を言って修理の人が首にでもなって逆恨みでもされたら大変だ。だから何も言わずに黙っているだけ。

また公務員の親戚だとかがすごく多いようで、誰も公務員の仕事に対して苦情を言える人がいない。だから一向にサービスもよくならない。鳥取県は公務員と会社とで補助金の使い道を決まっているという話も聞く。

人が少なく商売のネタも少ないところでは、公務員が王様として国からのお金を流し込み、誰もがその恩恵で生きている側面もあるから、お金をくれる公務員に対して誰も文句をいうことが出来ない環境になっている。

誰も言えないんだったら俺が書くしかないということで書きました!

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする