ゴビ砂漠へ行ってきました。

ホンゴル砂丘

IMGP6665

モンゴルへ3年前に初旅行で来た理由の一つに

「ゴビ砂漠で星の音を聞きたい」というのがありました。高橋歩がモンゴルを旅した話の中に

「夜、モンゴルの砂漠のど真ん中でうん○をした。風の音もない静寂の夜。怖いぐらい静かな時。夜空に瞬く星々から「シャンシャンシャン・・・」と星の音が聞こえてきそうなぐらい、静かなモンゴルの夜」

みたいなことが書かれていて「よし!モンゴルで星の音を聞きに行こう!!」と一念発起。星の音を録音したいと思い、アマゾンで「星の音を録音する機械」と検索したら11万円ぐらいするパラボラアンテナみたいな機械が出てきただけなので、録音機器をもっていくのは断念。

いざモンゴルにつくも砂漠に行く程の日程的な余裕もなく砂漠行きも断念。

それから3年越しの「砂漠で星の音を聞く」夢をかなえるチャンスがやってきました。

結果的には星の音が聞こえるぐらい誰もいないところまでは行きませんでしたが(そこへ行くには厳重な装備を死を覚悟しなければならないらしい)それでも砂漠はとても楽しかったです!!

ツアーを開催してくれたモンゴル人のバスカさんがまたまたすごい良い人でした。旅の途中で「暑いな〜」って感じた時にアイスクリームを買ってきてくれたり、牧民さんと交渉してラクダに乗る代金を一時間10000tgから5000tgにまけてもらったりと大活躍!日本語もわかるので安心!

ツアー代金も安くてすごい良いツアーでした。とても良い人だと思ったし、もっとお客さん来ればいいのにー!ということで、Facebookページを作ってあげました。

スレン遊牧民ツアー

モンゴルの田舎へ安く行きたい方はぜひ問い合わせてみてください!(私にメールくれても大丈夫です)

ではでは、写真でゴビ砂漠ツアーを振り返ってみましょう〜

目的地は大きな砂漠がある南ゴビ。

南ゴビまでは車で2、3日かかります。写真は砂漠へむかう途中の草原で昼ご飯を食べています。

IMG_2650

中央ゴビで泊めてもらった遊牧民の子供。

IMGP6377

中央ゴビで中央ゴビで泊めてもらった遊牧民の子供の弟。モンゴル人は子供はすごくかわいいです。

IMGP6378

ゼブラと遭遇。

IMGP6391

こんな道がずっと続きます。

IMGP6456

南ゴビで一番大きな町、ダランザドガド。雄大にたたずむゴルバンサイハン山脈に惚れる。

IMGP6447

南ゴビにはらくだがたくさんいます。

IMGP6441

IMGP6429

牧民さんから購入したお土産たちで記念撮影(ダンボー君は違います)

IMGP6528

バヤンザグ

IMGP6505_2

IMGP6499

ダンボー君

IMGP6482

ふんころがしダンボー君

IMGP6485

ゴビは平原がどこまでも続くので道に迷いやすいです。現地の人に道をききまくりながら進みます。

IMGP6549

IMGP6702

砂漠が見えてきました!!

ホンゴル砂丘

IMGP6541

ホンゴル砂丘へらくだに乗って行く事も出来ます。

IMGP6554

サイハン山脈とホンゴル砂丘

IMGP6556

ホンゴル砂丘の手前には大きな川がありました。近くに橋がなかったので、素足になって川を渡りました!!

IMGP6560

川を渡るために靴を脱いでいます。

IMG_2686

川を渡った先には緑の湿地帯がわずかに広がります。緑と砂漠は不思議な光景でした。

IMGP6572

夕方から夜のホンゴル砂丘たち。涼しくて砂が気持ちよくて本当に最高!!!!!

IMGP6587

IMGP6595

IMGP6584

IMGP6601

IMGP6619

ホンゴル砂丘前で宿泊したゲルと星。一枚目が一番綺麗に撮れたかな〜。ちなみにこの後なぜか三脚が壊れてしまいました(笑

IMGP6627

IMGP6630

IMGP6637

ちょっとかっこよくしたホンゴル砂丘ばーじょん

IMG_2697

IMG_2699

砂漠にわかれを告げ、ヨリーンアム(タカの口)渓谷へと向かいます。条約で保護されている珍しい動物が観察できるポイント。とても綺麗で涼しい場所です。

IMGP6713

まさしくタカの口。

IMGP6723

IMGP6718

ヨリーンアム渓谷の月

IMGP6750

いや〜、本当に楽しい旅でした!

モンゴルは最高です。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする