NO IMAGE

内田樹読書会 「街場の読書論」 開催後まとめ

街場の読書論 開催後まとめ 読書会は四名の参加でした。 だだだーっと、話した内容やらその後に僕が考えて付け足したことやらを書いていきます。 とりあえずこの内田樹読書会では、あまり本に書いてある直接の事について話さない、ということをご理解頂け...

NO IMAGE

言葉の壁をその場で壊した瞬間

僕は日本語でメキシコ人とモンゴル人に意思が通じたことがあります。 もちろん、相手は日本語など知りません。 英語もしりません。 お互いに母国語しか知らない状態でした。(多分) まさに、ドン!と出したらはずみでバン!と通じた不思議な感覚でした。...

NO IMAGE

テレビ局がニュースで「節電のためにテレビを消しましょう」と言ってはいけない理由

今年の夏は電力が足りない(らしい) 巷では、節電節電とどこもうるさく言われている。 冷房を弱めるとか、使ってないコンセントを抜くとか。 僕も少しの努力が大きな節電に繋がると考えて、日々意識してやっている(つもり) そこに最近になって、一番節...

NO IMAGE

岳飛伝一巻がつまらなくて良い理由

水滸伝・楊令伝に続いて、岳飛伝が発売された。 予想通り(?)、一巻は面白くなかった。 一巻での登場人物はみんな、楊令伝最後の大戦、梁山泊と金と南宋との三つ巴の戦いを終え、燃え尽きた感を漂わせている。 経済力武力共に無敵を誇った梁山泊も、最後...

NO IMAGE

亡命ってどういう意味?

日本語と英語で対比することで見える考え方の違いについて 「亡命」という日本語は、「命を亡くす」と書く。 命を亡くす。 恐ろしい言葉だ。 命を亡くすから亡命するのか、 亡命は命が亡くなるほど危険なことなのか。 日本語には、多分両方の意味合いが...

NO IMAGE

ごーるでんういーく鳥取 vol4 大山のよっしー

大山のよっしー 台北カフェストーリー上映会の打ち合わせへひょんなことからお邪魔し、 そこに同席していたメンバーの、地元にある大山という山が大好きなよっしーに、 「大山て何ですか?」 と言ってしまったがために、よっしーの地元魂に火をつけてしま...

NO IMAGE

ごーるでんういーく鳥取の旅 ver2 田舎のごはん

手作りご飯の衝撃的なウマさ。 自分で育てた(採ってきた)野菜が料理され食卓に並び その料理の始まりから完成までを作り上げた人が目の前にいる。 そこには、素材の良さと新鮮さからくる「ウマさ」に加え、 目の前の人が、大自然から引き継いだ恵みを...

NO IMAGE

ごーるでんういーく鳥取の旅 ver1

ごーるでんういーくに旅した鳥取・島根を何回かのブログに分けて振り返っていきます。 島根の原生林を見て思った  古来日本人の心 出雲大社には、社を取り囲むように山々がそびえています。 その山々は、古来から神体山とされていたという説もあり、 ...

NO IMAGE

街場のアメリカ論読書会 開催後まとめ

街場のアメリカ論 開催後まとめ プロを御す方法 ビートたけしが始めて映画を撮る時、プロのカメラマン達に「あいつは芸人やから、なんもわからへんやろ」って見られて思い通りの映像が撮れない事を防ぐために、ある要求をした。 「ここにある噴水が気に...

NO IMAGE

文明の衝突を生きる

文明の衝突を生きる 町田宗鳳 題名を見た時 「なんか重そう。」 と一抹の不安を覚えていたが、読み進めていくと予想外にサッパリした激動の人生が描かれていて、面白い。 この人、小学生にして家族の反対を押し切っての出家、禅寺での本格的な修行、アメ...

「寝ながら学べる構造主義」 4章~6章 読んだ人だけがわかるまとめ

「寝ながら学べる構造主義」1章~3章 読んだ人だけがわかるまとめ の続き 4章 バルト 価値中立的な語法のうちにこそ、その社会集団の全員が無意識のうちに共有しているイデオロギーがひそんでいる。 全く無からの作品というの...

「寝ながら学べる構造主義」 1章~3章 読んだ人だけがわかるまとめ

内田樹さんの著書である寝ながら学べる構造主義でのキーポイントのみ抜き出しました。 多分、読んで理解した人じゃないと意味不明です。 読んだ人には、一瞥しただけで復習できるようになっています。 予習には使えるかもしれません。 ...

NO IMAGE

肯定できる自分探しの旅

自分探しの旅を肯定したい! 自分探しの旅は、「結局日常からの逃避でしかないので良いことではない」という意見がよく語られています。 確かに、逃避からはよっぽどの事がない限り、良い事は生まれないと思いますが、だからと言って、自分探しの旅を全否定...

NO IMAGE

2 読んだ人だけがわかる 私家版ユダヤ文化論 まとめ

続き・・・ 5サルトルの冒険 ユダヤ人は自分がユダヤ人であることを否定するわずかな行動によって、自分がユダヤ人であることを暴露する存在として構造化されている。ユダヤ人は自分がユダヤ人ということを否認するために、永遠の努力を続けなければならな...

NO IMAGE

1 読んだ人だけがわかる 私家版ユダヤ文化論 まとめ

ある程度、本筋に関係ないところは思いっきり省いています。 主題である「ユダヤ人迫害には理由がある、と思っている人がいることには何かの理由がある」 について関係ありそうなことだけを選定して書き出しました。 選定してみると、二章と三章は肉付け的...

NO IMAGE

日本辺境論読書会 開催後まとめ 3/26編集

日本辺境論読書会 まとめ 28日の日本辺境論読書会に向けて、先日の日本辺境論読書会(何回やってんだ)のまとめを少し編集したものを再アップします。 読書会参加者の方は目を通して頂ければと思います。 学びの心構え 何かを学ぶ理由が、どこから持っ...

スポンサーリンク
広告
広告