NO IMAGE

山が信仰されるようになったワケを考えてみた

山が信仰されるようになったワケを考えてみた 鳥取  大山 山岳信仰が生まれたのはなぜか 「何故、山岳信仰というものが生まれたのだろうか?」 こういう疑問が、いつか浮かんだ。 山、という、今歩いている大地からの延長線上に隆起しているただの地...

NO IMAGE

自分の悩みと宇宙とを比べらることの真意

宇宙から見たら自分の悩みなんてちっぽけなんだからクヨクヨするのはやめなよ!・・・という慰め方の真意 宇宙で起きているダイナミックな現象(ブラックホールとかそんなん)に比べたら、太陽や地球なんかはあってもなくてもかわらないもの。 さらに自分ひ...

NO IMAGE

つまらない話

つまらない話 二人か数人で移動中に、僕が本を読み出した時、こういうことを言われたことが何回かある。 「俺は活字をあんまり読まへんな~」 こっちがそんなこと聞いてもないのにだ。 これはどういう意味なのか。 人が本を読んでるのに、自分が本を読ま...

NO IMAGE

炊飯器 竹ご飯への挑戦!

炊飯器で炊く、炊飯器竹ご飯の作り方 なんとか、美味しい竹ご飯を簡単に食べれないか? 竹ご飯というものは、竹にご飯を詰め込み火で炙って作るものです。 しかし竹ご飯を美味しく作るためには、水の量やらフタを開けるタイミングやらがとても難しく、熟練...

NO IMAGE

雪辱!第二次浮浪者大戦

僕は中2の厨房になっていました。 第一次浮浪者大戦で敗北し、外での遊び場を失った僕は、公園で遊ぶこともなくなり(十三公園は立ち入り禁止になりました)友達の家でゲームをするだけという、つまらない人間に成り下がっていました。 もはや、反攻の気概...

NO IMAGE

第一次浮浪者大戦

第一次浮浪者大戦 僕は浮浪者がかつてとても嫌いでした。 なぜ嫌いになったのか。 僕と浮浪者との血で血を洗う、戦いの歴史を綴ろうと思います。 僕の小中学生時代は、じぶん達の遊び場をかけて、クラス内での覇権をかけて、そしておのれの男をかけて、浮...

NO IMAGE

原爆投下の日に想う

原爆投下の日に想う。 今日は長崎に原爆が投下された日。 このことについて、やはり我々日本人としては「アメリカに謝罪を求める」という姿勢をとり続けるべきだと思う。 そのことについて、意見を述べたい。 アメリカの言い分としては、「原爆によって戦...

NO IMAGE

真面目はタイマン その一

真面目は怠慢、たけっし~です。 僕は自衛隊時代に、不良の方が仕事ができるやつが多くて、勉強ができるやつ(勉強しか出来ないやつ)は仕事が出来ない、ということを目の当たりにしました。 もちろん僕も当初は、勉強が出来て(エッヘンψ(`∇´)ψ) ...

NO IMAGE

自分探しの旅の結果、自分を見つけてしまうとどうなるか? … 答えは、「死んでしまいます」

「自分探しのたびで自分が見つかると死んでしまう、ということ。」 いつぞやの自分のメモに上記のようなことが書いてありました。 「自分が見つかると死んでしまう」というのは、 どういうことでしょうか? 何を思って僕はこんなメモを残したのか? 考え...

NO IMAGE

ビールを飲んで大人になろう

お題 ビールがうまくなるには、ビールへの「信頼」が必要である! ビールは、始めて飲む人には本当に苦い飲み物です。 本当に苦い。 なんであんなものを大人たちはうまそうに飲むのか? ビールが飲めない人には理解ができません。 理解できないからこそ...

NO IMAGE

武王の門 読了 夢は祀るものなり

武王の門よみおわった! 「懐良」という天皇の子が、九州に日本ではない、新しい国を作ろうとしたお話。 面白かった。 特に序盤の、京から九州に落ちてきて、水軍の力を借りて島津と闘い、その後、菊池武光の支援を得てからは、各地の武士と戦に戦を重ね...

スポンサーリンク
広告
広告